FC2ブログ
topimage

2009-05

2学級の様子 - 2009.05.29 Fri



2学級4年生3人の授業風景です。
この3人の授業、昔からですがまぁ、ようしゃべる。
にぎやかな授業です。

この間シギョウが風邪で3日間休みました。
リュウタロウが嘆いてました。
サクラちゃんに2倍おこられるらしいです。
いつもこの男子二人、サクラちゃんにおこられとるようです。

がんばれ男子
スポンサーサイト



1学級の授業風景です。 - 2009.05.14 Thu



先月の終わりに参観日がありましたので、のぞいてみました。
この動画は1学級の様子です。国語の時間だったかな?

1年のらんちゃん、2年の3人とかなり元気にやってます。

2年のかんた、かわいそうに学校でも女の子に囲まれてます。(家でも。ほんとにかわいそう)

転向してきた、みゆちゃんもぜんぜん楽しくやってます。(左鐙の女にそまらんでほしいなぁ)

みずきはぜんぜん、しきるねぇ~。ボスってかんじ。

担任の三宅先生もたいへんじゃ。




「塩祓」さぶみ子供神楽 - 2009.05.09 Sat



この動画は3月にあった左鐙子供神楽発表会の「塩祓」です。
舞っているのは、保育園のタケルと当時1年のカンタのコンビです。
タケルは9月くらいから、カンタは11月からはいって練習しこれを舞えるようになりました。
直前の練習までは大丈夫かなともおもいましたが、本番ではばっちりでした。
ようやった

「塩祓」は弊と扇を持ち四方を祓い清めて、神々を待つ準備を整える神楽です。
「降りたまえ降り居の庭には綾をしき 錦をならべ御座と踏ましょうや」
神を降ろす歌で、神よ降りたまえ神がおりておいでになる場所には、綾を敷き錦を並べ神の御座所といたしましょうという意味です。

神楽ではまずこれをはじめに奉納し場を清めます。
だからとても重要かつ、基本の舞です。
だれもがこれから、まず練習します。

この塩祓いを舞いまくって基本を体にしみこませて、次にステップアップしんさいよ。

リベンジの巻「われ安蔵寺を征服する」 - 2009.05.08 Fri



安蔵寺登山遠足の後の校長先生の手記です。去年はさんざんでしたからねぇ。今年も楽しみにしてまいたが・・・・。さて。

19日の朝から快晴でした。「今年は何にもにといいけどね」(妻)という心ない言葉を受け99%の不安と1%の「まぁどうにかなるさ」という気持ちを抱いて家をでました。
今年は保護者の参加も多いようです。私の醜態が楽しみなのか、朝の挨拶からにやにやしています。
昨年同様集団の最後尾について登山開始です。歩き始めてすぐのところで「お友達」(蛇)のお見送りがあったのにはびっくりしましたが(平静をよそおっていた)、七村口までは順調です。昨年はこのあたりからそろそろ痛み始めていたのですが、今年はサポーターのおかげか(右膝にまいていた)、それとも地面が乾いていて歩きやすいのか、「みずならの木」についても写真を撮る余裕すらあります。こうして「余裕のよっちゃん」で頂上につきました。
昼食をとり下山です。昨年の失敗にこりてか、妻は朝、液状のサロンパスをもたせました。それを膝に塗り準備は万端ととのいました。
下山もいたって快調。しかし心の中では「順調に済むはずない。殿ご安心めさるな。」と唱えながら歩いていました。そして無事下山。「やった。今年は無事終わった」と有森裕子ではありませんが自分で自分をほめてやりたいぐらいでした。
学校に帰り、今から学校を出るというと「じゃぁ、時間をみて車庫の前に出とくは」との返事。ば~にするんじゃないよ。今年は大丈夫と車庫にも車を入れ、無事1日が終わりました。
(不思議なことに、今年も7時には寝てしまいました。そして夜中に足がつりました(内緒にしておきました))
月曜日の朝、「元気、元気。余裕、余裕」と威張ったからでしょうか、安蔵寺山の神のお怒りにふれ、昨夜(20日)は大風が吹きあれました。火曜日の朝は、鉢を片付けるは、とんだものを探しに行くわで、そりゃもう朝から大騒ぎ。
安蔵寺の神様、謙虚に過ごします。お許しを。

一番大きなミズナラの木 - 2009.05.07 Thu



4月19日遠足がありました。
教育委員会主催の安蔵寺山3ルート登山といっしょに上りました。
日原ルートからは40人くらいでしょうか。

安蔵寺山は島根県内では最高峰の山です。
昔、この山の頂上付近に安蔵寺という寺があったためこの名前が付いたそうです。
ちなみにここにあった仏像の2体がさーちゃん、かんた、らんちゃん兄弟宅に祭られています。

この安蔵寺の中腹に島根県で一番大きなミズナラの木があります。
幹周りが4.4m。樹高は20mあります。樹齢は600年以上といわれています。

動画はこのミズナラの木に左鐙小の子、みうちゃんのおとうと保育園のタケルと青原小1年のヨッシーが皆で手をつないで囲んでいるところです。

ここから先はまだまだあります。

今回は各地で平均気温をかなりうわまっていた、暑いいちにちでした。
かなりみんなバテバテでした。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

山の子ども園『うしのしっぽ』

14037 京村牧場とその周囲の里山をフィールドに行ってる森のようちえん。毎日牛などの動物とふれあい、理屈なしに野山を駆け巡り、本物の生きる力を育んでいく。それが日常の『うしのしっぽ・・・』園児募集しています! >

→→森の子ども園『うしのしっぽ』

さぶみ牧童探検隊 !

14225 京村牧場をフィールドにした牧童探検隊です。左鐙の子供達と他の地域から集まった子供達で毎月1回、野菜・米作り、牛の世話を中心に1年を通していろんな里山の営みを体験します。

→→さぶみ牧童探検隊

左鐙子ども神楽社中

14038 左鐙子ども神楽社中は昭和63年に発足しました。現在10名が毎週水曜の夜、練習に励んでます。今では各種公演や大人神楽の助っ人として大活躍しています。練習等の見学も大歓迎です。また公演依頼、団員等も受付けてます。

社中代表:京村真光
0856-76-0216


→→左鐙子ども神楽社中

石見神楽左鐙社中

14253 明治の初め左鐙潮山八幡宮宮司、村上寿酒により六調子神楽が伝授され、昭和20年10月まで継承されてきましたが、解散。現在の神楽は、昭和22年に浜田市日脚神楽社中より八調子神楽を取得し、現在まで舞い継がれてきました。現在では年30回以上の奉納、県内外での公演を行っております。公演等の依頼受け付けています。

社中代表:藤井茂治
0856-76-0065


→→石見神楽左鐙社中 Facebook

映画 『左鐙パラダイス!』

左鐙の郵便局長・大畑さん脚本・監督の映画『左鐙パラダイス』。出演者は左鐙の子ども達、地域の人たち、そしてゲスト。熱演してます。現在3作!春夏秋冬の4部作作製予定です。過去の『左鐙パラダイス』です。クリックしてお楽しみください。
 
sabumiparadaisu1
sabumiparadaisu3
 
左鐙パラダイスⅠ【九九】
 
左鐙パラダイスⅡ【力を合わせて】
 
左鐙パラダイスⅢ【左鐙の空と川と白いバケモノ!】

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク/小学校の応援団です

このブログをリンクに追加する

メールはこっから。

名前:
メール:
件名:
本文:

またこいの~!

月別アーカイブ