FC2ブログ
topimage

2018-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さらば・・・・津和野町・・・・ - 2016.03.27 Sun

本日、左鐙小学校の閉校式が行われ、学校長より津和野町長に校旗が返還され、閉校となりました。




16077







まずもって言いたいのは、


この左鐙の地を移住先として選んでくれ、この左鐙小学校へ通わせたいと願った保護者の方々に大変申し訳なく・・・・・・。




そして



9年に及ぶ活動の中で左鐙を応援していただいた多くの方々にも・・・・・・。



そして、今まで応援していただきありがとうございました・・・・・・・。






16076





今回の閉校式、 


ステージ向かって右側に津和野町長、教育委員会の席、


そして左側には来賓席。


来賓にきていただいた県議会議員、津和野町議会議長、左鐙自治会長からは一様にあいさつの中で、

地域の廃校反対、それにたいしての地域住民の活動などにもふれていただきましたが、



町長あいさつではそれにはふれず、既定のきまりきったあいさつ。




町に評価されたいとも思わないが、

何の紆余曲折なくこの結果にいたったかのようにかんじるあいさつには違和感を覚えた。


住民と協働のまちづくりとかかげておきながら・・・・・。


臭いものには蓋をしましたから 的?な・・・・・・。







本来なら


町は町立左鐙小学校というものを捨てた今、


このあと町内に残された4つの小学校がこのような形で終わらないよう


蓋を開け、においをかぎ、じゃあこうしようと行動に移さなければならい。





町は統廃合という既成のシステムのにおいにならされてるのか、


それとも


その蓋すらあけようとしていないのか。





16080





さらに言えば




この席には左鐙小学校廃校に賛成票をいれた町議会議員は全員出席し、せめて自分たちの下したものをきちんと見とどけるべきだ。




廃校決定での住民説明会では町長が、議会が・・・、これが民主主義ですから・・・と何度もいっていたのが耳に残っている。


左鐙小すべての保護者が反対し、左鐙の多くの人が反対しているのに、


選挙の時にしか左鐙に足を踏み入れない議員たちの一票に左鐙小学校の、左鐙の命運ををゆだねられるってなんじゃろう?



だからこそこういう審判をくだした議員にはきっちりとみとどけてもらい


残った4つの小学校のことを真剣に考えてもらいたいのに。







結局


選挙では皆、かならず「少子高齢化・・・・」「少子高齢化・・・・」と枕詞のように私たちに訴えかけているくせに、


じゃあ、あんたはどうすの?何するの?って。



訴えるだけで、何もしない・・・。




何もしないならまだいいほうで、




その「少子高齢化・・・・」という問題に


「教育・子育て・地域力」というアプローチから、実践し、少しづつ見える形で成果をだしてきた


京村まゆみ議員と私ら左鐙の人達の



じゃまをする津和野町と議会って・・・・・何なん?



あんたら


町は地域と協働の街づくりをしたいんじゃないん?

議員は少子高齢化を解消したいんじゃないん?











人口減少率島根県1位、消滅する市町村全国49位の津和野。

言い換えれば、住みたくない町島根県1位、全国49位の津和野。



じゃぁ、あんたらどうするの?

口ばっかり?




そんな人らの左鐙小学校廃校に賛成の1票って・・・・・・・・・・何なん!













16078








教育委員会のつくったプログラムにのっとって粛々と進められる中で


最後の子ども達がお別れの言葉を。


前にもいったが、


この子達7人はいろんな選択肢があった中で日本全国から左鐙小学校を選んできてくれた。


統合される日原小学校でなく。



そんな子どもたちに別れの言葉をいわせてしまうのはホントに胸がいたんだ。
(言わせるほうもどうかと思うが)




サクラのピアノの伴奏で最後の左鐙小学校校歌を歌い式はおわった。





感慨ではなく、憤りの閉校式だった。





さらば・・・・・・左鐙小学校・・・・




と言うより





さらば・・・・・津和野町・・・・・




という思いの私。





16079


関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sabumi.blog5.fc2.com/tb.php/670-73bc8dff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左鐙子ども神楽の発表会やります! «  | BLOG TOP |  » さぶみの小さな小さな映画まつり・・・Ⅲ

山の子ども園『うしのしっぽ』

14037 京村牧場とその周囲の里山をフィールドに行ってる森のようちえん。毎日牛などの動物とふれあい、理屈なしに野山を駆け巡り、本物の生きる力を育んでいく。それが日常の『うしのしっぽ・・・』園児募集しています! >

→→森の子ども園『うしのしっぽ』

さぶみ牧童探検隊 !

14225 京村牧場をフィールドにした牧童探検隊です。左鐙の子供達と他の地域から集まった子供達で毎月1回、野菜・米作り、牛の世話を中心に1年を通していろんな里山の営みを体験します。

→→さぶみ牧童探検隊

左鐙子ども神楽社中

14038 左鐙子ども神楽社中は昭和63年に発足しました。現在10名が毎週水曜の夜、練習に励んでます。今では各種公演や大人神楽の助っ人として大活躍しています。練習等の見学も大歓迎です。また公演依頼、団員等も受付けてます。

社中代表:京村真光
0856-76-0216


→→左鐙子ども神楽社中

石見神楽左鐙社中

14253 明治の初め左鐙潮山八幡宮宮司、村上寿酒により六調子神楽が伝授され、昭和20年10月まで継承されてきましたが、解散。現在の神楽は、昭和22年に浜田市日脚神楽社中より八調子神楽を取得し、現在まで舞い継がれてきました。現在では年30回以上の奉納、県内外での公演を行っております。公演等の依頼受け付けています。

社中代表:藤井茂治
0856-76-0065


→→石見神楽左鐙社中 Facebook

映画 『左鐙パラダイス!』

左鐙の郵便局長・大畑さん脚本・監督の映画『左鐙パラダイス』。出演者は左鐙の子ども達、地域の人たち、そしてゲスト。熱演してます。現在3作!春夏秋冬の4部作作製予定です。過去の『左鐙パラダイス』です。クリックしてお楽しみください。
 
sabumiparadaisu1
sabumiparadaisu3
 
左鐙パラダイスⅠ【九九】
 
左鐙パラダイスⅡ【力を合わせて】
 
左鐙パラダイスⅢ【左鐙の空と川と白いバケモノ!】

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク/小学校の応援団です

このブログをリンクに追加する

メールはこっから。

名前:
メール:
件名:
本文:

またこいの~!

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。